おさなご園・長崎県島原市の保育園です
osanago

おさなご園

おさなご掲示板

information

子育て支援おさなごフェスタ

2019-05-16 | おさなご物語

5月11日(土)は、おさなごフェスタが開催されました。

第一部は園庭で行われました。

五月晴れの園庭に、太鼓の音が響き渡ります。

一番手は大月さんの『清流太鼓』。みんな引き締まった表情で真剣に叩いています。

二番手は、卒園児たち(小学1年生)の『清流太鼓』。

現役の後輩たちに負けじと、みんながんばって演奏してくれました。

三番手は、すくすく学童さんたち『清和組』の演奏。

小学生、中学生と太鼓の輪が広まり、今では参加人数21人になりました。

子ども達の演奏の次は、『音鼓組』の演奏です。

迫力ある力強い音とバチ捌きに、観客から盛大な拍手が送られます。

次は『おおむらくじら太鼓』の演奏。

若い力の華やかさ、勇ましさを力一杯表現してくれました。

三会小学校4年生たちは、合唱を披露しました。

青い空に透き通った歌声や、縦笛の音色が心地よく響きわたります。

今年新たに12人の新入部員が増えた三会中吹奏楽部。

「君をのせて」等、ジブリの曲や、「ビリーブ」等、Jポップをピアノと、サックスの二重奏で演奏してくれました。

第二部は、園大ホールに場所を移動して行われました。

まずは、全園児による歌の発表から始まります。

最後は、本日のメインイベント、アフリカ打楽器演奏ジャンベクラブ“ホロヤカン”の演奏です。

太鼓のリズムにのって踊り始めた演者の掛け声に、園児たちも足踏みしたり、手足でリズムをとったり

一緒になって踊り始めます。とても楽しいひと時でした。

1部と2部の出し物が終わると、カレー会食や露店が園庭に開店していて、大人も子どもも店の前に列を作り、

思い思いの品を手に取っていました。

当たりくじ屋では、みんなの欲しいおもちゃが当たったかな?

くじをめくる瞬間のハラハラドキドキが楽しいですよね。

金魚すくいのコーナーには、長い列が出来ていました。

赤い金魚、上手にすくえたね!(拍手)

バルーンのコーナーでは、入れ代わり立ち代わり、バルーンの中でみんな元気に飛んだり跳ねたり。楽しそう!

今年のフェスタも盛況のうちに幕を閉じる事ができ、職員一同大変うれしく思っています。

来場いただいた皆様、及び、ご協力、ご支援いただいた皆様、誠に有難うございました。