おさなご園・長崎県島原市の保育園です
osanago

おさなご園

当園について

about us
園の様子

園長あいさつ

広々とした園庭は樹々に囲まれ、いつも子供たちの元気に遊ぶ歓声が聞こえます。園庭横の菜園では、子供たちの手で種や苗から植えられ、さまざまな季節の野菜がともにすくすく育っています。桜の木の下には、普賢岳の噴火石から彫り出された「ねむるおとこ」像。悠々と寝転んで、彼らの成長を見守っています。

おさなご園では、五感を発達させる体験を大切にしています。
例えば食育では、野菜の種苗植えから収穫、調理まで。畑仕事をしながら、野菜が育つ過程を観察し、仕込みやクッキング、味わう楽しみまで。保育士も子どもも食や生活文化への関心が高まります。

また、全国ジュニアコンクールで九州NO.1に輝いた、しまばら清流太鼓は毎朝30分。他に空手や茶道のお稽古、サッカー教室があります。たくましい身体づくりは仲間づくりでもあり、リズム感や礼節とともに、集団生活の基本を学びます。

毎朝の散歩や泥んこ遊び、登山遠足やサマーキャンプで、より深く自然に触れます。屋内での情操教育メニューを、バランス良く組み合わせています。保育士による絵本の読み聞かせやわらべうた、いろんな楽器の生演奏やオペラ歌手、演劇舞台など。実際に観たり聴いたりすることで、保育士ともども豊かなこころの成長を促します。

直接手で触れて、自分の心で感じてこそ、生きるチカラが育まれるのでしょう。この生きるチカラは、日々の発見や小さなエクササイズすべての積み重ねなのです。異年齢児とも助け合いながら、どの子も心身ともに全面発達していくことが、私たちの誇りです。

保護者や近隣の祖父母の方々を招きながら、季節ごとに地域全体交流の機会を設けています。これからも自然豊かな環境の中、次なる世代を地域の宝として、一緒に育んでまいりたいと願っております。

園長 冨田良介

園長

園の概要

法人名
社会福祉法人おさなご会
理事長
富田満夫
園長
冨田良介
副園長
富田眞子
所在地
〒855-0007 長崎県島原市津吹町乙1380-3
連絡先
TEL 0957-62-2537 FAX 0957-62-8663
開設年月
1959年4月1日
職員数
35名(2017.4月現在)
保育時間
園開放7:00~19:00(18:00より延長保育)
給食
完全自園給食システムにて提供
敷地面積
2182平方メートル (園庭990平方メートル、本園舎436.8平方メートル、もりもりルーム20.25平方メートル、すくすく学童棟1・F2F合計80.79平方メートル、ころころクラブ親子カバの家1F・2F合計232平方メートル)

沿革

1959/4
私立保育園として設立
富田一三園長(定員50名)
1962/4
乳児室増設
1964/4
富田八重子園長
1976/4
社会福祉法人おさなご会「おさなご園」として発足(富田満夫理事長、定員60名)
1978/4
斉藤公子の「リズム運動」及び「はだしの保育」の導入
1981/4
空手を保育に導入
1990/4
島原清流太鼓創設 エネルギッシュな太鼓を保育に導入
1992/4
富田眞子園長
1998/4
現園舎へ移転
学童保育「すくすくクラブ」開設
2000/4
「すくすく」平和像完成
子育て支援センター「ころころクラブ」開設
2001/4
病後児保育「もりもりルーム」開設
2002/4
茶道を導入
2004/4
わらべうたを導入
2009/4
50周年記念事業
2010/8
園庭拡張に伴い、島原噴火石モニュメント「ねむるおとこ」完成
2010/11
清流太鼓20周年記念発表会開催(島原市文化会館 大ホール)
2012/4
子育て支援センター棟「親子カバの家」竣工
2014/7
「ツリーハウス いきものの家」完成
2016/3
トンネル山 「ベイビーシマバラ」完成
2018/4
冨田良介園長

富田一三園長

富田一三園長

富田八重子園長

富田八重子園長

8島原清流太鼓 創設

島原清流太鼓 創設

園庭の前半分はニンジン畑でした

園庭の前半分はニンジン畑でした

イタリア人彫刻家G.サンドリさんの仕上げ彫り

イタリア人彫刻家G.サンドリさんの仕上げ彫り

すくすく像とねむるおとこ

すくすく像とねむるおとこ

ワンパクざかりとオテンバざかり
ワンパクざかりとオテンバざかり
ツリーハウスから園庭と海を見渡して
ツリーハウスから園庭と海を見渡して
副園長の陶芸教室に興味津々
園長の陶芸教室に興味津々
2Fゆうぎ室での多彩なアトラクション
2Fゆうぎ室での多彩なアトラクション

保育目標

policy
基本理念

健康で明るくのびのびした子供
どの子も地域の宝

基本方針

児童の人格を尊重し、ひとりひとりの個性がひかりかがやくように育てる。

児童が常に思いやりの心を持ち、みんなでつくりだす喜びをわかちあい、生き生きと行動するように育てる。

好きな遊びやスポーツを通して、自然と親しめる豊かな心と丈夫でたくましいからだを育てる。

職員の親和と協力のもと、家庭的で活気に満ちた園づくりにつとめる。

保護者との対話やネットワークを大切にし、地域社会の核となる園をめざす。

児童がともに地域から発進しながらそれぞれ自立し、国際社会へと飛躍していくための援助をする。

園の特色

 

自然

自然

自然は、感受性豊かな幼児期に良い影響を与えてくれます。丈夫でのびやかな心とカラダの源です。

 

 

礼節

礼節

礼節は、集団で暮らす基本です。きちんとあいさつをし、慎むべき時は慎む、遊ぶ時は思いっきり。

 

 

食育

食育

食べること、すなわち生きること。育てて食べるまでの全プロセスを楽しく体験します。

 

 

島原清流太鼓

島原清流太鼓

雲仙普賢岳のマグマと湧水をテーマに、ほとばしる清らかなエネルギーで、20余年毎朝欠かさず太鼓の練習をしています。全国系コンクールの優勝も果たし、出演依頼多数。